子どもに科学の関心を持たせる!電気製品の自作!

身近な製品をつくることで湧く興味!

小学生、中学生の子どもに対して科学への関心をもたせるために様々な体験型の学習が考案されていますよね。その一つに身近な電気製品を作らせ、電気製品がどのようにして作られているかを学ばせるというやり方があります。小中学生ではその原理までを完全に理解することは難しいですが、高校や大学などで勉強する電気回路の知識や物の性質などを小さいうちに実体験しておけば、将来の勉強にプラスになるという効果があるでしょう。また興味がある子どもはそれをきっかけにして、将来の進路が決まる例もありますよね。

ネットやお店でキットなどを購入!

作成する電気製品は、専門のショップやネットなどでキットとして売られているので発注・購入することができます。製品を動かすための電気部品や、それを収納して電気製品として利用するための筐体がセットになって売られているので初心者でも気軽に挑戦できるのが利点でしょう。手軽なものではLEDを使った懐中電灯やラジオなどが良く知られています。例えば懐中電灯の制作では、細かい電気部品を手にとって配線していく作業を学ぶことで、LEDがどのようにして光っているのかを体感できますよ。

作った電気製品は宝物に!

作った電気製品は実際に使用することができ、子どもにとって宝物になる場合も多いようです。興味が芽生えた子どもは次々と新しい電気製品に挑戦して大切なコレクションになるというケースもあるでしょう。物の大切を知るということにもつながるので、科学教育という側面の他に、情操教育的な効果も期待できますよ。さらに、お父さんやお母さんが子どもと一緒に制作に参加すれば親子での楽しい体験にもなります。科学への関心を持たせつつ、親子の楽しい思い出を作ってみませんか。

プリント基板実装は専門業者にまかせるのが不良品を出さないための近道です。特に大型の基盤の場合には、得意な業者に任せましょう。