手軽にできる!簡単に始められるプライバシー保護

シュレッダーを使ってみる

個人情報の取り扱いって、昔に比べてどんどん厳しくなってきてますよね。今までプライバシーを気にすることがなかったという人でも、ちょっと敏感になることもあるでしょう。手軽にできることとしては、シュレッダーを使ってみるというのが良い方法なんです。重要な情報が載っている書類を、そのまま処分するのは不安がありますよね。シュレッダーを使えば、情報が読み取れないくらい細かく裁断できますよ。簡単に使えるのも良いですよね。

スマートフォンにロックをかけておく

スマートフォンには自分の情報だけでなく、知り合いの情報などもたくさん記録されていますよね。もし、落としてしまったときは、情報が悪用されてしまう恐れもあるでしょう。もしものときでも情報が守れるように、スマートフォンにはロックをかけておくのが安心なんですよ。ロックをかけておけば、自分以外の人にスマートフォンの情報を見られることもないんです。失くしてしまったときにも、落ち着いて対応することができますよね。

パスワードをしっかり考える

ネットを利用するときは、パスワードが必要になる場面が多いですよね。しかし、自分の生年月日など、予想しやすい身近な情報からパスワードを作るのは避けるべきなんです。パスワードが簡単だと、情報が漏れてしまったときに被害も大きくなってしまうでしょう。パスワードの安全性を高めるには、数字と英文字を混ぜてランダムな文字列を作るのがポイントなんですよ。すぐには覚えられないかもしれませんが、段々頭に入ってくるはずです。

機密文書というのは、保管や廃棄などの際に厳重な取扱いが求められ、不特定多数が閲覧するのを防ぐ必要があります。