頭を働かせば分かる事!頭を働かせたSEO対策の内容とは?

SEOで大切な関連性の高いページからの外部リンク

SEO対策で行う大切な内容に、関連性の高いページからの外部リンク獲得がありますよね。関連性と言うのは、何も同じ様なコンテツを扱っているページからの外部リンクとは限りませんよ。例えば、人形を作るためのミシンを探している方であれば、人形作成、ミシンとして検索するかもしれませんよね。つまり、人形を紹介しているページに対してSEO対策を行うのであれば、何も人形を紹介しているページからの外部リンク獲得でなければならないとは限らず、ミシンを紹介しているページからの外部リンク獲得も効果を期待する事が可能と言えるでしょう。

サブページは内容を変えてはいけない

SEO対策を行なっていれば、トップページでは無く、サブページが上位へと上がる事がありますよね。何としてでも、検索結果のトップへと持って行きたい思いが強まり、サブページの本文の内容を変えてしまう行動に移ってしまう人もいるでしょう。よくよく考えて見てください、そのページの内容の評価に対してリンクが貼られていると言う事であり、内容を変えてしまうと評価もまた変わってしまいますよね。下手をすれば、評価が0になってしまい、検索エンジンの順位が落ちてしまう可能性もありますよ。全てのページに対して共通して表示させている文章が多く、その文章の内容を変える場合にも注意が必要です。共通して表示させる文章は、できるだけリンク文字として扱い別ページに内容を設ける事もポイントの一つと言えるでしょう。

新しいドメインは時間をかけてゆっくりと

インターネットの常識から言いまして、新しいドメインに対して直ぐに外部リンクが増える事は一般的にありません。この様な内容と言うのは、特出した内容として、検索エンジンを提供している企業に目が止まってしまい調査が入る可能性が高くありますよ。この様な調査によって、検索エンジンから削除されれば、取得したドメインのみならず、SEO対策のために利用した別サイトや別ページにも影響を与えてしまう可能性がありますよね。SEO対策を行う場合は、必ず自然に外部リンクを貼ってくれる様な形に近い状態で行う事が大切です。特に、決められた一定の数として日々外部リンクの獲得を増やして行く行為は不自然な形として判断をされる可能性があるため、注意が必要と言えるでしょう。

ホームページ作成とSEOについて、今HPの作成はより積み木を組み立てるように作成できるツールがあり、アイディアしだになります、SEO対策としては大手のブログとfacebookページからのリンクがキモ