派遣の秘書はどのような条件で働いているの?

派遣社員の秘書は意外と多い

派遣社員として秘書業務をしている人は、意外と多いのです。まず、派遣会社に登録して、秘書を必要としている会社に派遣されて働くという形になります。働く期間の方も、3ヶ月ぐらいであったり、半年ぐらいであったりすることがあるようです。そのうえで、働きぶりが認められれば契約が延長されるということになります。派遣社員であるほうが、雇う費用も抑えることができますから、企業側にとっても都合がよいのです。それに、秘書業務をする人も、自分に合わない職場だと感じれば、すぐに辞めることができるのがメリットです。

派遣社員の秘書はどのような待遇を受けているの?

派遣社員の秘書であれば、給料は時給によって支払われる場合が多いです。大体、1時間に1500円~2000円ぐらいのお金を受け取る計算になります。もちろん、ボーナスが支給されることはありません。交通費が出るかどうかは、その企業による場合が多いようです。もし、休日出勤したり、残業をすることになったりした場合は、きちんとその分の給料が支払われるようになっています。これは、労働基準法に合わせて、しっかりしている場合が多いでしょう。

秘書は派遣社員が雇われる確率が高まっている

企業には、秘書がいるほど忙しい時期もありますが、比較的暇な時期もあります。ですから、忙しい時期だけ派遣会社から秘書を雇うという企業が増えています。派遣社員としてやってくる秘書は、育てなくても即戦力となってくれることが多いため、企業によっても助かる場合が多いのです。また、人件費を抑えられるという点も、派遣の秘書が重宝される理由の一つとなっています。それに、秘書としてやってくる側も、嫌な環境である場合はすぐに辞められるので都合がいいのです。

秘書の派遣は必要となるスキルに合わせて優秀な人材を紹介して貰えるので、即戦力で役に立てることが出来ます。